index
日越IT協力クラブ(VJC)についてご紹介
 
 
ベトナムソフトウェア・IT協会(VINASA)は、2002年に設立以来、日本をベトナムIT産業の戦略的パートナーと位置付け、パートナー様と共に日越協力関係の推進と発展を目指して活動して参りました。
 
IT分野に於ける日越二国間協力をより強力に推進することを目的とし、VINASAの下部組織として2003年に日越IT協力クラブ(VJCが創立されました。
VJC事務所と支部がそれぞれVINASAのハノイ本社とホーチミン事務所に設置されています。
 
VJCは日本とベトナムのIT企業の架け橋として、ソフトウェアオフショア開発だけでなく、ベトナム国内の市場開拓も支援しています。
VJCは自主、自己管理を原則とし、VINASA運営委員会の支援の下に、ベトナムの現行法や規定、VINASA会則及び本VJC内規に従って活動しています。
日越のIT産業で活動している、又は、日越IT産業に於ける協力関係に貢献したい個人、法人、団体の皆様の入会を心よりお待ちしております。
 
VJCとVINASAは、毎年開催されるJapan ICT Dayやソフトウェア開発環境展(SODEC)に参加する企業/団体を対象とし、AOTS(財団法人海外技術者研修協会)、CICCと協力して人材育成や日越IT企業同士のビジネスマッチングなどの活動を積極的に支援しています。10年間に亘るVJCの活動は、日本大使館、JETRO、JBA、Japan Foundation、VJCC、OESF等の在越日系機関・団体およびJISA、ESIT等の在日ベトナム機関・団体より多大な関心と支援を得て、日越IT企業間のビジネス推進に重要な役割を果たしております。
最近では、海外展開を計画されている日系IT企業様からパートナー先としてベトナムが
第一候補として選択されるようになりました。
 
2011年には、新しい規模と目標に対応するため、VJC執行委員会が当クラブの名称を「日越IT協力クラブ(VJC)」に変更しました。英字名称はVietnam – Japan IT Cooperation Clubになります。現在会員数は26会員です。日越のIT産業で主要な企業や専門家が会員ですが、引き続き新規会員を募集しております。(VJCの会員一覧はこちらでダウロードできます)
 
VJCに入会頂くと以下の特典があります。
 
 - VJCとVINASA会員向けの活動に参加できます。具体的には、次の活動があります。
・ベトナム国内外の協業推進活動
・人材育成活動
・相手先企業への訪問